Sharabha

In The Mahabharata Edit

ヒンドゥー教の叙事詩Mahabharataは語ります:リシ(セージ)の助けを借りて、犬から虎、象、ライオンとsharabhaに続いて、様々な動物の形を想定しています。 最終的には、シャラバはさらに激しい形を取った。 この激しい形で、彼はリシを食い入るようにしたかったのです。 リシはその後、彼の慈悲の結果として、Sharabhaの開発の変化のプロセスを語り、犬の彼の元の形に戻るためにSharabhaを呪った。 叙事詩はShivaをSharabhaに関連させていません。

プラーラダと彼の母親が上に見えるようにNarasimhaがHiranyakashipuを殺すとSharabha(右)。

シヴァの化身としてSharabhaの伝説は、多くのヒンドゥー教の経典でナレーションされ、それぞれが自分の宗教的信念に合わせて異なるバージョンを提示します。 しかし、これらすべての描写における共通のリフレインは、SharabhaがNarasimha(man-lion)のようなVishnuの同様の凶暴なアバターを和らげる目的で現れた巨大な強さを持つ巨大な動物鳥の獣の組み合わせであるということです。

Narasimha-Sharabhaの伝説は、神話上の動物の形を想定して、場合によっては殺したり征服したりする神々にリンクされています。 まず、ヴィシュヌは、宇宙とシヴァの信者を恐怖に陥れていたasura(悪魔)の王Hiranyakashipuを殺すためにNarasimhaの形を取った。

シヴァ-プラーナが言及している: Hiranyakashipuを殺した後、Narasimhaの怒りは世界を脅かしました。 神々の命令で、シヴァはNarasimhaに取り組むためにVirabhadraを送った。 それが失敗したとき、シヴァはSharabhaとして現れました。

ナラシムハがシャラーバを見たとき、彼はより怒り、ガンダベルンダの凶暴な形を取った。 Vathistabhaana puranaは、Ashtamukha Gandaberunda Narasimhaが主PradhaneshwaraとBhalukkaの助けを借りてSarabhaを破壊したと述べています。 一方、シヴァ-プラーナといくつかのプラーナは、SharabhaがNarasimhaを攻撃し、彼を固定することに言及しています。 彼はこのようにNarasimhaの恐ろしい怒りを鎮めた。 また、シャラーバはその後、首を切り、シヴァが衣服として皮とライオンの頭を着ることができるようにNarasimhaを脱皮したと言われています。 リンガプラナとシャラバウパニシャッドはまた、Narasimhaの切断と殺人に言及しています。 切断後、ヴィシュヌは正式にシヴァを賞賛した後、彼の通常のフォームを想定し、彼の住居に引退しました。 それはシヴァが”Sharabeshamurti”または”Simhagnamurti”として知られるようになったことをここからでした。

スカンダ-プラナは、ナラシマを単なる刺激であり、シヴァとリンガ-プラナにもたらされたものとは対照的に、世界への脅威ではないと考えている。 ヴィシュヌは永久にnarasimhaの激しい形を採用することができるという認識でした,これは善行を行う彼の役割に有害であろう. したがって、シャラーバの形を仮定したシヴァの目的は、ヴィシュヌのライオンの体が破棄され、彼は彼の元の神の形と団結したことを確認することで Narasimhaは彼の体でSharabhaを打った、それは痛みでうめいたVishnuであり、”アダマンチンの体”にいたSharabhaではなかった。 その後、ヴィシュヌはシャラーバがシヴァ以外の何者でもないことに気づき、シャラーバをお辞儀して賞賛した。 シヴァはヴィシュヌを祝福し、悪魔を殺すために彼に恩恵を与えます。 プラーナはSharabhaが彼の怒りを制御することができないかもしれないことを恐れ、したがって、彼のSharabhaフォームを放棄するシヴァを促す神々と物語を終了します。 その後、シヴァはシャラーバの形をバラバラにし、彼の手足は離れて与えられ、彼の胴体はカパリカになった。 Vamana Puranaはあまりにも物語を議論し、Narasimhaが再び穏やかなVishnuになり、Sharabhaがshivaの象徴であるlingamになることで終わります。

Kalika Puranaでは、Varaha-Vishnuの猪のアバター-は地球の女神との好色な戯れを持っていた。 彼と彼の3人のイノシシの息子たちは、その後、世界で騒乱を作成しました,これはシヴァがSharabhaの形を取るために必要,Varahaフォームを殺すために. ここでは、NarasimhaはVarahaを支援するように見えます。 シャラーバはまずナラシムハを殺し、次にヴァラハを殺し、ヴィシュヌは彼の激しい形の両方のエネルギーを再吸収することができます。 最後に、シャラバはVishnuを敗北させます。 しかし、ヒンドゥー教の献身研究所、株式会社は、これらの物語のいずれかに言及していません。 それはPrahaladhaがNarasimhaを平定したと言うだけです。

Vaishnavaビュー編集

ナラシムハは、シャラーバと戦うために、Gandabherundaに変身しました。 Ashtamukha Gandabherunda Narasimhaは彼の膝の中に描かれているSharabhaとHiranyakashipuを殺します。

Vijayendra Tirtha(1514-93)のようなDvaita学者を含むVaishnavaの信者は、Shaivite Puranasをtamasicと見なしているため、Narasimhaの描写をSharabhaによって破壊されたと反論しています。 他の10のShaiviteの伝説と一緒にSharabhaの伝説の反論はShaivasarvasvakhandanamと呼ばれるVijayindra Tirthaのテキストで議論されています。

Vathistabhaana purana、Vimathgira purana、Pradhana purana、Prahladhaswayam Purana、Bhalukka puranaおよび他の多くのpuranaは、NarasimhaがGandabherunda(文字通り”強大な双頭”)の形を取ったことを物語っています。

ヴィシュヌの千の名であるヴィシュヌsahasranamaにもシャラーバへの言及があり、文字通りの意味はシャラーバ(ライオンを殺す動物)の賞賛を示唆しているようです。 Adi Shankaracharyaは宗派のSharabhaの物語を反論し、Vishnu sahasranamaのこの356番目の名前をライオンを殺す動物に全く言及しておらず、代わりに”主が内在する自己として体に輝くように、彼はSharabhaと呼ばれ、体はsara(腐敗しやすい)である。”

Vishishtadvaita哲学の学者であるNarasimhan Krishnamachariは、”Sharabha”という名前は、Sri Vaishnaviteのコメンテーター Parasara Bhattarによって与えられた”(倫理の限界を犯す者の)駆逐艦”を意味する二つの方法で解釈されていると述べている。 前者はサンスクリット語の動詞SRに基づいており、これは”破壊するために傷つける”という意味です。 C.V.によると Radhakrishna Sastri、”サラはまた、矢印を指し、彼はその体に輝くので、それはBhagavanを目指している場合、腐敗しやすい体が輝いています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。