有機金属化学における2-メチルテトラヒドロフランの使用に関する最近の進歩

Azzenaは、1,2-ジアリール-1,2-ジソジオエタンなどの単一電子移動試薬の生成と反応性が、THFの代わりに2-MeTHFで最もよく達成されることを報告した。 2-MeTHF中のこのジアニオンの溶液は、少なくとも24時間冷蔵庫内の乾燥Ar下で安定であることが判明した。2-MeTHFを溶媒として使用することは、1,2-ジアリール-1,2-ジソジオエタンと1,3-ジクロロプロパンの求核置換経路をより高い程度に促進することを示唆している。 興味深いことに、2-MeTHFとシクロペンチルメチルエーテル(CPME)におけるこれらの有機金属の挙動に有意差が観察された。 同等の結果が一連の酸化還元反応で観察されたが、(例えば、安息香酸の2-ブロモエチルエステルの還元的脱保護および酸の還元的脱塩素)2-MeTHFは、これらのジアニオン種を求核剤として、またはさらに劇的に塩基として含む反応において選択される溶媒であることが証明された。 アリール酢酸の場合、vic-ジアノンはベンジル位で2-MeTHFの選択的脱プロトン化を行い、求電子剤(E)によるその後の処理による官能化を可能にする。 有意に、類似の条件下では、ハロゲン化アリールオキシ酢酸誘導体は還元的脱塩素を受ける。 反応媒体のこのような効果は、溶媒と二有機金属との間の相互作用が、それらの凝集状態および/または反応生成物に影響を与えるかのいずれかに

scheme2

Breitらは、2-MeTHF中のアルキルボロン酸塩上のホウ素-マグネシウム交換を介してアルケンから(ヒドロボレーションを介して)出発する一次および二次アルキルマグネシウム試薬を調製するための一般的な方法を開発した。 著者らは、鉄、パラジウム、および銅触媒クロスカップリングを含む炭素–炭素結合形成反応の広い範囲で合成の有用性を実証しました。 典型的なシリコンベースの保護基を備えた合成的に有用なメタリルアルコールおよびホモメタリルアルコール由来のボロランは非常に敏感な基質であり、0℃でジマネシウム試薬をゆっくりと添加し、副反応を避けるために周囲温度へのゆっくりとした加温を必要とし、2-MeTHFが最良の溶媒である(スキーム3)。

scheme3

Luisiら。 溶媒として2-MeTHFを用いることにより、マイクロ流体条件下で(Boc)2Oに有機リチウムを添加することにより、三級ブチルエステルの直接かつ持続可能な合成を行った。 バッチ条件下で行われた反応は極低温を必要とし,予測可能な複数の中毒の結果として相当量の対応する三級アルコールが形成された。 対応する流れの技術への転換によってより有効で、多目的な選択的な変形は達成された。 このプロトコルは、異なるアセチレンであるいくつかのアリールおよびヘテロアリール臭化物の場合にうまく機能し、β-ブロモスチレンにも拡張された(S-BuLiをリチオ化剤として使用する)(スキーム4)。

scheme4

同じLuisiのグループは、フロー技術で、2-MeTHFを使用してプロキラルケトンのCorey–Bakshi–Shibata(CBS)オキサザボロリジン媒介還元を介してエナンチオエンリッチアルコールの合成のために利用した。 最適化された反応条件下で、プロセスは数分以内に完了に達し、したがって、9 9%までの収率および9 1:9の鏡像異性体比(e R)で所望の不斉標的を提供す

scheme5

Fjelbye et al. キラルな1,3-アミノアルコール(塩酸塩として)を調製し、2-ヨードピリジンを2-MeTHF中でmagnesiationした後、所望のエナンチオピュア化合物のキラルなスルフィンアミド直接前駆体との反応を伴う二段階のアプローチを用いた。 以下の点が挙げられます。: (A)Turbo Grignard reagent(i-PrMgCl LiCl)の使用は、ホモカップリング生成物の回避を保証する;(b)2-MeTHFは、反応収率と、より重要なことに、ジアステレオ選択性の両方の点で最適な溶媒である(スキーム6)。

scheme6

Ronnのグループは、DMFを介したホルミル化に続いてLDAとC-2 3-ブロモフランの位置選択的脱プロトン化を説明しました。 2-MeTHFは純度の点では最もよい結果を与え、収穫はまた許可した簡単で、簡単な作業のプロシージャを考慮する。 この方法は、85-95%の収率(スキーム7)の全体的な収率を有する多百グラムバッチで所望の化合物を製造することを可能にした。

scheme7

グレレポワはβ位に四元立体中心を含むエナンチオピュアβ-(トリフルオロメチル)β-アミノ酸の短い効率的かつ一般的な合成の開発について述べた。 脂肪族および芳香族トリフルオロメチルN-tert-ブタンスルフィニルケトイミンのベンチ安定類似体からの種々のエナンチオピュアN-tert-ブタンスルフィニルトリフルオロメチルβ-アミノエステルの合成におけるReformatsky試薬の使用(大規模)を報告した。 最適化研究では、2-MeTHFが最良の溶媒であり、温度を0℃に下げるとジアステレオ選択性と収率に有益な効果があることが指摘されています(スキーム8)。

scheme8

シュマルツのグループは、非常に高いエナンチオ選択性と位置選択性を持つ2-MeTHF中のシクロヘキセノンにグリニャール試薬のエナンチオ選択的なCu触媒1,4-付加反応を行うために、新しいタルトロール由来のキラルホスフィン-リン酸配位子(L1)を開発した(スキーム9)。 最良の場合、1,4添加生成物は84%eeおよび85で得られた:標準反応条件下で試薬としてEtmgbrを使用した位置選択性(Cubr−Sme2の4%mol、L1,2−Methfの6mol%、−7 8℃およびグリニャール試薬のゆっくりとした添加)。

scheme9

Paceと共同研究者は、対応する(チオ)アミドにiso(チオ)シアン酸塩を変換するための高度に化学選択的なプロトコルを開発しました;特に、in situ生成Schwartz試薬とイソシアネートの処理は、ホルムアミド(スキーム10)へのスムーズなアクセスを提供します。 2-MeTHFとこの水素化物源の選択の両方が多機能化イソシアネートに高い化学制御を得るために極めて重要であることが判明した。

第10話

Nardiらは、2-MeTHF中のトリフラートエルビウム触媒条件下で、水素化ホウ素ナトリウムの化学量論的量の存在下で、α、β-不飽和カルボニル化合物の古典的なLuche還元の化学選択的バージョンを報告した。 最適条件下では、所望のアリルアルコールは、96:4までの選択性で得られる(スキーム11)。

scheme11

Mauditのグループは、環状および非環状エノンの両方にdialkylzincの非常に効率的なCu触媒1,4添加を促進ホスフィン配位子(DIPPAM)(L2)の新しいファミリーを開発しました。 この方法論は、1,6-ジアルキル亜鉛の環状ジエノンへの類似した共役付加に適切に適応することができ、2-MeTHFを溶媒として0℃で使用する(スキーム12)。

scheme12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。