日本のトップ10スポーツ:最も人気のあるスポーツとその意義

スポーツは日本文化のDNAにあります。 この美しい島国は、伝統と西洋の両方のスポーツを受け入れています。 この記事では、国内で最も人気のあるスポーツのいくつかとその意義を見ていきます。 ここで私たちは行く:

  1. 野球
  2. サッカー
  3. テニス
  4. 相撲
  5. ゴルフ
  6. モトレーシング
  7. ボクシング
  8. アメリカンフットボール
  9. ラグビー
  10. プロレス

日本のスポーツの事は、それが情熱的なファンの経験であるということです。 あなたはめったに国の空のスタジアムを参照してください。 人々は関与したいと思うし、彼らはしばしば行います。 あなたが国を訪問しているか、長い間滞在しているかどうか、日本では常にあなたを待っているスポーツイベントがあります。 それは確かに彼らが愛する何かをして、人々と知り合いになるための最良の方法の一つです。

日本のスポーツ

野球

野球は日本で最も人気のあるスポーツです。 それは米国から国に輸入されました。 それ以来、それは飛躍的に成長し、国家の光景になってきました。 野球は1872年にアメリカの駐在員ホレス-ウィルソンによって初めて日本に導入された。 しかし、1920年代初頭に国内で初めて公式の野球の試合が行われた。

日本の野球

野球は日本の単なるスポーツではありません。 すべての対戦は、電気スタジアムの雰囲気、そして情熱的なファンが特徴のカーニバルです。 エキサイティングなマスコット、カラフルなラリーバルーン、そしてあなたのカップを充填スタジアムを上下に実行し、世界的に有名なビールの女の子から、スタジアム内の経験は息をのむようです。

日本の野球ファンベース

プロニッポンリーグに参加する各フランチャイズにも忠実なファンベースがあり、すべての試合で賭けることができます。 例えば、2019年の日本の野球は、その年に行われた26,536,962人のプロ試合の858人のファンを集めました。 これは約30,929ゲーム、世界の任意のプロスポーツの二番目に高いファンの出席率に変換されます。 アメリカのメジャーリーグベースボール(MLB)に比べて出場率は低かった。

日本の野球文化

日本の野球はアメリカにルーツを辿ることができますが、MLBとは少し異なります。 日本の野球文化は、相手を尊重する傾向があります。 例えば、ブーイングや冷ややかな野党チームは、国で眉をひそめています。

また、日本の高校野球は全国プロニッポンリーグと同じくらい人気があります。 最後に、日本の野球の試合は引き分けで終わることができます。 日本の公式シーズンの野球の試合は12イニングに制限されています。 これは、勝者がその期間中に出現しない場合、試合が結ば終了することを意味します。

さて、日本の野球の熱い情熱を体験したい場合は、すぐに試合に出席することをお勧めします。 また、このサイトでは日本プロリーグをフォローすることができますJapanBall.com 地元の野球シーンに更新されます。

サッカー

サッカーは野球に次いで日本で二番目に人気のあるスポーツです。 そして野球と同じように、それは西洋から輸入されました。 サッカーは1873年にイギリス海軍によって日本に導入された。 最初は大日本帝国海軍士官学校で教鞭を執っていた。 国内で最初の公式サッカーの試合は1888年に行われたと考えられており、神戸レガッタと横浜カントリーの試合が行われたと考えられている。 それ以来、スポーツは強さと身長で成長し、全国の何百万人ものファンを集めています。

日本のサッカー

日本のサッカーシステム

日本のサッカーは、ほとんどの西洋の主要なサッカーリーグで同じシステムであるピラミッドシステムに従っています。 上位層はJリーグと呼ばれ、日本の様々な都市や地域から引き出された18チームが参加しています。 また、Jリーグの下位にはいくつかの階層があります。

チームは、各サッカーシーズンの後に毎年異なる層に昇格し、降格されます。 日本には”サムライブルー”の愛称で親しまれている男子サッカーのナショナルチームもあります。 これは、アジアで最高のサッカー代表チームの一つと考えられており、FIFAワールドカップTMで定期的に特色にしています。 また、2002FIFAワールドカップでは韓国と共同で開催されたことでも知られている。

日本のサッカーファン

日本の人々はサッカーが大好きで、可能な限りすべての試合に出席することをポイントにしています。 例えば、2019年のサッカーシーズンには、Jリーグは6.3万人のファンを集め、306試合に渡って広がった。 これは、ゲームあたり20、750のファンの平均、世界で最も高いの一つでした。 トップティアリーグはまた、かなりの収入を生成します。 例えば、2018年には、リーグに参加しているすべてのクラブが年間収入で最大85億円を生み出したとStatistaは推定しています。

日本でサッカーを見る場所

日本でサッカーを離れている一つのことは、スタジアムの電気的な雰囲気です。 あなたが国を訪問している場合は、スタジアムにポップし、この爽快な経験の一部になりたいことがあります。 考慮すべきjリーグのトップサッカースタジアムのいくつかは、横浜マリノスの本拠地である横浜にある日産国際スタジアムなどがあります。

また、Jリーグの浦和レッドダイヤモンズの本拠地である埼玉スタジアムに足を踏み入れることもできます。 また、地元のサッカーリーグの詳細については、このサイト上の日本サッカー協会に従ってください。

テニス

日本にも非常に長いテニスの伝統があります。 この美しいアジアの国は、このスポーツで世界のビーターを生産しています。 大阪直美と錦織圭は、おそらく私たちの時代の最も注目すべき選手の一部です。 2020年にはセリーナ-ウィリアムズを抜いて女子最高位の選手となった。 しかし、これらの世界的なテニス選手であっても、日本は大規模なテニスの地元のファンベースを持っています。

大阪ナオミの日本でのアクションでは、

日本におけるテニスの歴史

このスポーツは、1878年に西洋の駐在員によって初めて国に導入されました。 しかし、日本テニス協会(JTA)が結成されたのは1922年までではなかった。 JTAは、国内のプロとアマチュアのテニスのための統治機関です。 これは、若い日本人の男性と女性がゲームをプレイし始めることを奨励するために、高校レベルで草の根の努力を先導したことで評価されています。 JTAはまた、世界で最も古い組織スポーツ協会の一つです。

日本もこの3、4年の間にテニスの復活を目の当たりにしている。 例えば、1993年から2013年の間に、国内でテニスをしている人の数は4.23万人から3.73万人に減少しました。 しかし、2013年から現在までの間に、日本のテニス選手の数は4.39万人に達しています。 この成功の多くは、全国のスポーツを普及させるための草の根の努力を更新したと信じられています。 日本には約6,454のテニスコートと520の屋内コートがあり、そのすべてが国際的なプレー基準を満たしています。

日本の国際テニスイベント

東京はまた、有明テニスの森公園で毎年ジャパンオープンを開催している。 これはATPワールドツアー500シリーズの一部である世界的なテニスの光景です。 オープンは、世界で最高のテニス選手のいくつかを魅了し、賞金で最大2 2,046,340の財布を持っています。 私たちは、テニスが行く限り、最近の出席統計を持っていません。

しかし、スタティスタは日本で最も注目されているスポーツのトップ5にテニスをランク付けしました。 また、日本テニス協会の公式サイトをチェックして、スポーツの詳細を知ることもできます。

相撲

お気づきかもしれませんが、上記で論じた三つのスポーツは西洋起源を持っています。 それは今、本物の伝統的な日本のスポーツを見て時間です。 相撲よりも良い例はありません。 相撲は日本の国技であり、それは国の巨大なファンベースを持っています。 また、日本の文化やアイデンティティの深いところに祀られています。

大相撲力士(力士)

相撲の歴史

相撲は伝統的なレスリングの一形態です。 先史時代の日本ではスポーツが生きていたことを示唆する証拠があります。 現在の推定では、相撲は過去1500年間存在していたことが示されています。 スポーツに関連する民間伝承もたくさんあります。

例えば、日本の古代社会は、より良い収穫のために神をなだめるために相撲に従事していたと考えられています。 相撲はまた、8世紀の日本の朝廷の儀式の一部でもありました。 それはこの豊かな歴史であり、日本の遺産との強いつながりであり、国内で最も人気のあるスポーツの一つになっています。

相撲はもちろん、多くのもののために人気があります。 しかし、あなたは”力士”や力士が着用する服装が注目を集めることに同意する必要があります。 相撲の力士は厚い30フィートのベルトを着用しています。 ベルトは、力士の体の周りにきれいに包まれてから、後ろの結び目で固定されます。

相撲を見る場所

日本は毎年六大相撲大会を開催しています。 イベントは、国の様々な部分で隔月開催されています。 彼らは一週間まで続くことができるので、ポップしてアクションを見る時間がたくさんあります。 東京にいる場合は、両国国技館相撲場で6つの毎年恒例の相撲大会の3つをキャッチすることができます。 相撲を見ることは、結局のところ、日本のトップの趣味の一つです。 スポーツについてもっと知りたい場合は、Learn Japanese123またはUSA Sumoをチェックしてください。

ゴルフ

ゴルフは日本でも非常に人気のあるスポーツです。 国内で最初のゴルフクラブは、1903年に神戸で働いていた英国の元パットによって設立されました。 以来、スポーツは大規模に成長しています。 日本は現在、アジアのゴルフコースの半分を持っており、そのほとんどは富士山、軽井沢などのリゾート都市に位置しています。 日本におけるゴルフの成長は、主に日本の強いビジネス文化に起因しています。

日本のゴルフ

ゴルフはすべてのde要因紳士のスポーツの後にあります。 これは、カジュアルな環境でネットワークを構築するための最良の方法の一つとして見られ、そのように、それは日本のビジネス文化に定着しています。 また、日本でゴルフをするコストが大幅に下がってきています。 例えば、1980年代には、国内で最も卓越したゴルフコースのいくつかは信じられないほど排他的でした。

あなたはクラブの誰かを知っていて、グリーンを打つためにはかなりの入場料を持っていなければなりませんでした。 しかし、近年、物事は変わってきました。 国のほとんどのトップゴルフコースは一般に公開されています。 5,000円と低価格で、これらのコースのいくつかにアクセスし、いつでも遊ぶことができます。 また、このウェブサイトを通じて日本ゴルフ協会をフォローすることで、日本のゴルフについていくようにしてください。

Moto Racing

日本は地球上で最大の自動車産業の一つを持っています。 自動車を作る方法を知っている国のために、彼らは確かにまた、それらをレースするのが大好きです。 しかし、ほとんどの人が想定しているものとは異なり、これらのレースは車ではなくバイクを含みません。 日本の自動車レースは1920年代にさかのぼることができます。 しかし、1936年に多摩川スピードウェイが開通すると、このスポーツは全国で絶大な人気を博しました。

モト-レーシング-ジャパン

各モトレースは、アスファルトスピードウェイの周りに六周をやって、八人のライダーを備えています。 観客スタンドは、人々がこの夢中にさせる経験への排他的なアクセスを可能にするためにスピードウェイに沿って構築されています。 日本の自動車レースには、本田技研工業の創業者である本田宗一郎をはじめとする有名な参加者もいました。 総一郎はまた、1962年に鈴鹿サーキットを建設したことでも知られています。 鈴鹿サーキットでは、フォーミュラ-ワンシーズンの主要なカレンダーイベントである日本グランプリも開催されています。

現在、Moto racingイベントの最近の出席データはありません。 しかし、スタティスタは2015年に、その年のモトレーシングイベントに166万人以上の日本人が参加したと推定した。 また、日本には最大20のオートレーストラックが全国に広がっています。 より多くの更新のために、このサイト上でモト*レーシング*ジャパンに従ってください。 また、メインの鈴鹿サーキットのウェブサイトからオンラインレースの更新を得ることができます。

ボクシング

ボクシングは日本のもう一つのスポーツであり、非常に豊かな歴史を持っています。 スポーツは1854年に米国の船員によって国に導入されました。 当時、日本の人々はすでに相撲、個人の接触スポーツに魅了されていました。 ボクシングは、したがって、簡単に販売され、時間をかけて、それは国の心の多くを獲得しました。

日本でのボクシングの試合

しかし、日本にはヘビー級のボクシング部門があることはほとんどありません。 しかし、より低い重量のカテゴリは非常に人気があります。 また、井上尚弥をはじめとする世界的なボクシングスターの公正なシェアを生み出している。 日本はまた、長年にわたって異なる体重カテゴリで合計40の世界チャンピオンを輩出しています。

国内では毎年二つの主要なボクシングトーナメントが行われている。 最初のものは全日本新人王と呼ばれ、1990年から存在しています。 第二回は、日本タイトル決定トーナメント。 これらのイベントの両方が日本ボクシング委員会によって認識され、かなりの群衆を引き付けます。

日本のボクサーは、国際タイトルを求めるために日本の国境を越えて冒険することはめったにありませんが、非常に堅実な地元のスポーツを楽し 日本はプロボクシングが非常に人気がある世界のトップ五カ国の中にランクされました。 このスポーツの詳細については、日本ボクシング委員会の公式サイトをチェックすることができます。

アメリカンフットボール

日本のスポーツにはアメリカの影響がたくさんあることに今気づいたかもしれません。 そして、ご想像のとおり、アメリカ特有のスポーツであるアメリカンフットボールも日本で成長しています。 アメリカンフットボールは第1次世界大戦後に初めて日本に来た。 最初の試合は東京で行われ、15,000人のファンを集めました。 スポーツはそれ以来、国で自分自身を確立しています。

日本のアメリカンフットボール

現在、日本では17,000人以上がサッカーをしています。 また、国内には400以上のチームがあります。 日本のトップレベルのアメリカンフットボールリーグであるXリーグに参加している人もいます。 ここでのアメリカンフットボールの良いところは、地元の参加を奨励するように構成されていることです。 Xリーグに参加するすべてのチームは、合計3人のアメリカ人選手を持つことが許可されています。

これは、より多くの日本人が参加することを奨励されていることを意味します。 パナソニック、三菱、富士通などの日本企業も強化し、サッカーチームを後援しています。 スポーツの詳細については、日本アメリカンフットボール協会に従うことができます。

ラグビー

ラグビーは日本では適度に人気のあるスポーツです。 それは野球、サッカー、またはテニスと同じ次を持っていないかもしれませんが、それはあまりにも群衆の公正な取り分を魅了しています。 このスポーツは、英国の元パットによって1899年に初めて国に導入されました。 しかし、2020年のラグビーワールドカップの開催後、日本ラグビーがグローバルマップに登場した。

ラグビー日本代表

日本は準々決勝に進出し、大会に参加する野党の質を考慮した顕著な成果を収めました。 あなたがより多くの更新を取得したい場合に備えて、このサイト上の日本のラグビーについてのより多くの情報があります。

ワールドカップでの日本の出場は、全国を目覚めさせたようで、一貫したラグビーファン層が高まっています。 この島国には、HSBCワールドラグビーセブンズシリーズに参加するラグビーセブンズチームもあります。 また、東京セブンズと呼ばれるシリーズの10のトーナメントの一つを開催している。

プロレス

日本のトップスポーツのリストをプロレスでまとめます。 このスポーツはしばしば”Puroresu”と呼ばれています。 それはまた、国で長い歴史を持っており、その人気は1950年代初頭にピークに達しました。 しかし、彼らは成功しなかったにもかかわらず、20世紀初頭にスポーツを導入するために、その前に努力がありました。

プロレスジャパン

日本のプロレスの試合も多くのテレビ視聴率を楽しんでいます。 最初の試合は1950年代に日本テレビによってテレビ放映され、東京の大規模な公共スクリーンで大規模な群衆を集めました。 それにもかかわらず、日本の商業プロレスは新日本プロレスの設立とともに離陸した。 1972年に設立された。

このプロレスプロモーション会社は、より多くの日本の観客に視聴率の拡大とスポーツの魅力をアピールするために尽力してきました。 年間売上高は5億円を大きく上回っており、日本でのプロレスの大人気の兆しが見られます。

アメリカのプロレスとは違い、日本のプロレスは多くの陸上競技を含んでいます。 それは誰のための刺激的な時計でなければならないので、そこにディスプレイ上のいくつかの息をのむような武道 あなたはスポーツのより多くの更新のためにあまりにもこのサイト上で新日本プロレスに従うことを確認してくださ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。