ヘイ=ブナウ=ヴァリラ条約(1903)

ヘイ=ブナウ=ヴァリラ条約(Hay-Bunau-Varilla Treaty、1903年)は、パナマとアメリカ合衆国の間で締結された条約であり、パナマ運河の建設と運河地帯の創設の法的根拠を提供した。 11月18日、コロンビアに対するパナマ革命の2週間後にジョン・ヘイ米国務長官とフィリップ・ブノー=ヴァリラによって署名された。 1903年初頭、アメリカ合衆国はコロンビアと運河条約を交渉していたが、コロンビアの交渉者(Tomás Herrán)による譲歩に対するコロンビア国会内の反対と、フランスの運河会社の財産を米国に売却することによってコロンビアが十分な経済的利益を得られないという懸念が敗北につながった。 アメリカ合衆国上院では、ニカラグア運河を支持した人々は心を動かされた。 パナマ運河への強いコミットメントを持つフランスの国民として、ブナウ・ヴァリラはパナマルートのためにロビー活動を行い、反体制派パナマ人、フランスの運河の利益、およびパナマルートを支持する重要な米国当局者の間の仲介役を務めた。 ブナウ・ヴァリラは彼の接触を通して、パナマ人が行動した後、米国政府が革命の成功を保証することを知っていた。 パナマの最初のアメリカ合衆国代表として、ブナウ=ヴァリラは、コロンビアとの以前のヘイ=ヘラン条約でアメリカ合衆国が求めていた事実上すべての権利と特権を与えた。 これらには、運河を建設し、それを強化し、運河ゾーンで”主権者であるかのように行動する”権利が含まれ、10万ドルと年間250,000ドルの賃貸料が含まれていた。 条約は1979年に失効した。

良好な近隣政策;パナマ運河;ルーズベルト、セオドア;タフト協定(1904);米国-ラテンアメリカ関係も参照してください。

参考文献

Walter La Feber,The Panama Canal:The Crisis in Historical Perspective(1978).

Richard H.Collin,Theodore Roosevelt’S Caribbean:The Panama Canal,The Monroe Doctrine,and the Latin American Context(1990).

Michael Conniff,Panama and The United States:The Forced Alliance(1991).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。